楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 内部被爆?〜壮絶な排毒体験〜

<<   作成日時 : 2011/07/20 08:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

7月のはじめから、つい先日までとても壮絶な排毒体験をしたので、皆様の参考になるかと思い、さしつかえない範囲で書いておきます。

311から4ヶ月ほどたった今、関東の野菜や水にはある程度の微量な放射能が溜まっていると思います。私はあまり気にせずに、普通に幼稚園で働いたり弁当を作ったりしていました。原発事故や影響を知るのが怖くて、感覚を麻痺させて無視していた、ともいえます。

今回突然はじまったのはじんましんでした。小さな時から5年に1度ぐらい、じんましんに襲われていたのでまたかと思い、しょうがシップをしたのがまずかった。どんどんはいどくして、耐えられなくなり、3日後には救急病院へいって注射(ステロイド、こうヒスタミン剤)をうち、薬をもらいました。一時はじんましんがばーっと白くなり、ある意味怖くなりましたが(そしてもものすごく気持ち悪かった)。夜にはまたじんましんが再開しました。

そこからが辛かった。じんましんはかゆいだけなのですが、内臓にもできます。喉の奥にできれば痛いし、心臓のあたりであれば、吐く時に痛くてたまりません。吐く時は陰性なのでうめしょうばんちゃを飲んだらすんなり痛みがとれてびっくりしました。陰陽は凄いです。

便意のない下痢、圧倒的な気餅悪さ。一口水を飲んだだけで、胃液から胆汁から全部吐きました。なんでこんなに辛い目にあわなきゃいけないの?力なく叫びました。痒みも辛いですが、とにかく胃が辛い。舌は真っ白になりました。舌は胃腸の状態を示しているのです。

顔から足の裏から当然じんましんでぼこぼこ。お岩さん。気持ち悪くて歩けません。
39度の発熱で、キャベツで頭をひやす。

気持ち悪い時にはしょうがシップと芋パスタでなんとかしのぐ。(楽になりました。)

姫川薬石を掴んで、なんとか心を納める(痒みが少しとれました。)

水が飲めない心理的恐怖に対しては、「死ぬかも」という恐怖を横において、とにかくシャワーをあびて、皮膚から水分を取る、水を手に浸す、足を手に浸すなどをして心をしずめました。水って本当に浄化の存在なんだなぁと感じました。


そして断食8日目。だんだんじんましんがへり、気持ち悪さもへり、少しずつ立てるようになりました。歩くのも5−10m歩いては休憩するしまつ。気持ち悪くて生唾がでる、という状態でしたが、回復ははやかったです。

翌日には地元の寺の階段100段をあがり(休みながら)、その翌日にはなんと渋谷まで電車ででかけられるまでになりばったり出会った友達とお茶までしてきました。


はじめての長期断食でとても心細かったのですが、こくさいやの磯貝さん(食養指導者)がわざわざ自宅まできて診断してくれて、この筋肉と体力なら塩気がなくても無塩断食しても大丈夫だとおっしゃってくださり、どれほど心強かったことか。
そして今は断食の3倍の期間をかけて復食しています。


今回の原因はなんだったか?ふりかえると、わかる範囲では、あまりにも私生活において心身ともに激務だったこと(コーチング講師の練習や広報、大学、幼稚園実習など)、自分にはできないことを無理にこなそうとしてピーナツバターとジャムつきのパンやポテトチップスなどをどか食いしたこと(1ヶ月前)などが考えられますが。。

あるチャネラーさん(霊能力者)から、今回は100%内部被爆だといわれてぎょっとしました。


確かに、内部被爆の初期症状に似ているのがでています。足に青あざのはん点ができては消えてというのもありました。きみが悪かったです。


DAYSJapanの広河氏の娘さんが友達なのですが、チェルノブイリなどをみてきたこともあり、今東京と同じ放射能濃度の村がチェルノブイリにもあって、そこでは子供を生むことはできない。といわれました。脳腫瘍の子供や、早産の子が増えているようです。


そういった心理的な恐怖もありますが、とにかく今できることを、ということで。まずは身体を中庸に戻すこと。そして完全に少飲少食(飲み物は1日2合まで。お小水は3回まで)にして、放射能をだしきるしかありません。
(動物性食品(乳製品も含めて)は絶対にやめたほうがいいです。放射能の濃度が濃くなっています。)

あとは先日記事でも書きましたが、放射能除去のフラワーエッセンスを飲んだり、ホメオパシーのレメディを飲んでいます。


今すぐ移住というわけにもいきませんが、移住も真剣に考えています。



今こうやって無事に歩けるようになって、歩けることや立てることがどれほどありがたいことかを身にしみて感じています。お稲荷さんの前に立つと、いろいろな存在が応援していることが胸に去来してきてわかり、涙がこみ上げます。

もう、なにもいらないという気持ちになりました。あれもこれもやりたい、ほしい、ではなくて。


健康と家族と自然と綺麗な水があれば、他には何もいりません。



一番辛い時に、文句言わず、寝ないで、しょうがシップや里芋パスタをしてくれた夫と母に、本当に感謝しています。頭が上がりません。

家までかけつけてくれた磯貝さんや友達にも、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。




私の友達にも同じような症状が現れている友達がいます。その子はこれに加えて、出血がとまらないそうです。

311以降、うまれつきマクロビオティックをしているような敏感な子はすぐに鼻血がでたり毛がぬけたりアトピーがひどくなったりしているようです。

大人でもリンパがいたい、目がちかちかする、涙が出る、子宮がいたい(これは人それぞれ)など様々な症状がでるけれども、東京から九州へ移住したら症状がなくなったという話もききます。


私の場合はマクロビオティックを5年ほどしているので、身体の排出力も強く、今回は出しきることができました。排毒に本当に感謝しています。身体がある程度浄化されていて敏感なひとほど、早い段階からどんどん症状がでると思いますが、恐れずに、どうぞ出しきってください。辛い時は食養指導者についてしっかり対処してください。大丈夫です。乗り切れます。


関東のみなさん、水と食べ物にはくれぐれも気をつけて。

外でも長時間で歩かないほうがいいかもしれません。



マクロビオティックを知っているものはこの時代強いと思います。
実際に乗り切れられます。
何かあったときは情報も含めて、信頼できる友達皆で力を合わせて乗り切って生きたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

(小さな子供のいる人、これから妊娠したい人は、無理して関東にいないほうがいいと思います。)

この体験がどこにどのように伝わるのかわかりませんが、マクロビオティックで何とか乗り切れることをしり、安心を感じて欲しいと思って書きました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内部被爆?〜壮絶な排毒体験〜 楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる