楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東電の体質とこれからの日本の政治について

<<   作成日時 : 2011/03/26 08:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

この記事は衝撃的ですねぇ...

世界が震撼!原発ショック
悠長な初動が呼んだ危機的事態
国主導で進む東電解体への序章

週間ダイヤモンドの記事
http://news.livedoor.com/article/detail/5440545/

Yahooの記事
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/tokyo_electric_power/?1301095013


東京電力や電力会社の、今までの原発事故隠蔽の体質のことなども考えると、
どこかで解体して(経営陣を刷新、権利や規模を解体など)、利権や隠蔽体質を改善していくようになるのでしょうか。


ついでに、隠蔽を指示していたといわれる政治家達(多分自民党)


それから電力会社の広告料に頼っているTVなどのマスコミ


日本の原発政策はコスト優先にしすぎだと世界から批判されてきていたにもかかわらず、政府関係者の科学技術力への過信と、いきすぎた経済優先政策が背景にあったのではないかと思います。



日本の食糧自給率が40%を切っていて、ほとんどを科学産業に頼り傾斜する、小口農家に対して厳しい政策を推進し、原発を量産するというアンバランスな傾向も従来からずっと気になり、発信していました。(最近このブログを読み始めた方は、よかったら過去記事も読んでね)



そして、これは私の政治的無関心や、日頃から生活を見直したり改善しようとしない怠惰さやできないと思い込んでいるところにも一因があると思います。



このあたりも解体と言うか、革命になっていくかもしれませんね。



世界を良くしたい、変えたいとおもったら、まずは自分のあり方を変えなきゃ。



昔から、田中優さんが、原発に頼らない新しいエネルギー開発だったり、仕組みづくりが可能ということは著書で語られています。

このブログの過去記事や検索から、彼の主張や著書などをたどってみてください。


ある意味原子力を推進してきたというのは、利権がらみのような気がします。
もしかしたら世界からウランやプルトニウムを持たされるという構図になった(日本の政治家たちが自分で引き受けていった)ともいえるかもしれません。



そして、今回のことを機に、私たちは今の政治のシステムにも修正を加えていかなければならないかもしれませんね。


日本の政治はほとんど官僚が動かしていますが、公務員試験に合格したら、その後の一切を彼らに任せていいのか?

政治家を選んだら、そのまま任せっぱなしでいいのか?


電力会社に任せっぱなしでいいのか?


このあたりを鋭く問われているのが今この瞬間な気がします。


つまり、私たち一人一人の気づきと選択と行動力が試されているという感じです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同意です。
政治を考えることを長年避けていましたし、ワイドショーのような報道もどき番組でわかったような気になっていましたが、それはまずいと昨年から思っています。
関心を持ち疑問を問うことが、既得権を放置しない一歩だし、簡単にして最大の方法だと思います。
リッツ猫
2011/03/28 01:13
リッツ猫さん

御意見を受け取りました。声に出して持ち出して下って、どうもありがとうございます。

2011/03/29 09:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
東電の体質とこれからの日本の政治について 楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる