楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 素直さ 命の使い甲斐

<<   作成日時 : 2011/08/02 20:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


昨日、美容業界のカリスマ講師である友人(戸谷益三氏)が企画した

第2回 美容道甲子園

というものに、夫と審査員として参加してきた。


今までの偏見が覆された

美容師に対する偏見

茶髪で頭悪そう

なんか挨拶とかしても、話の内容はうすっぺらいんじゃないの


いっぺんでふっとんだ。


熱い

若さゆえの熱さかもしれないけれど、

とにかくみんな素直なんだ

そして心から仕事に誇りをもっている

思わず、頭が下がる

偏見をもっていた自分が恥ずかしくなる




そういう人たちには、上下に遠慮する空気感がない

フラットに思っていることをいう

みんな元気

手を上げてしっかり挨拶をする

うなずく



戸谷さんはこう語る


挨拶ができていないところ

あいづちができていないところ

裏で店長の悪口をいったり、表と裏が違う、冷え切った関係

このためにはまずは形から入っていくことが大切

そして心がついていく。

そのためには、挨拶と返事が大切なんだ。

大きな声で元気良く。



美容師のみなさんは、本当に心から美容の仕事を愛していた

もちろんいやなこともたくさんあるだろう。

だけれども、嫌なことに目を向けているだけで、人生はよくなるだろうか?

いいことはないだろうか?

自分がこの職場にいてよかった、この仕事を選んでよかったと思えることはないだろうか?

そうやっていいところに目を向けていくとどんなに自分が変わっていくだろうか?



会社の目的は、社員を幸せにすること

素晴らしいと思う。


元気な挨拶

自分のためがいつしか自然に人の為になっていく

人に笑顔を作れる仕事に誇りを持つ

それは美容であってもなんであっても同じ事


今自分がやっていることは何のためか

どうして自分はその仕事を選んだのか

今こそしっかりと、自分自身にひきあてて考えるべき時だ


こういう時代で、いつ自分の命が終わるか分からない時

私たちにできることは真剣に今をいきることだけだ


そして今、自分が本当にやりたい、心から嬉しい、そういう仕事をすること

今やっている仕事のなかから、そういうことを見つけていくこと

それこそが、今私たちに求められていることだと思う



私も、仕事や職場の人への文句ばかり考えないようにしようと思う

元気に挨拶する

仕事のいいところを見つける

命の使い甲斐を意識して、真剣に生きる


私が元気になることで、まわりの人もワクワクしてくる



これをコミット(誓い)する。







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
素直さ 命の使い甲斐 楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる