楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当に大事なもの?

<<   作成日時 : 2011/04/02 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本当に大事なものってなんだろう。


今回の震災を通じて、自分の命が脅かされていると感じた時、真っ先に考えたことは


・もっと生きたい


そして、次に、


・夫ともっと一緒にいたい


でした。


その中で、自分に問いかけたことは


・自分が死んでもいいか?


・夫が死んでもいいか?


・家族とはなれてもいいか? 会えなくなってもいいか?



震災後の数日間はこれで揺れていました。


でも、母から「パパは死んでもずっと心にいるといってくれた」という台詞を聞いたら、


ああ、そうだよね。


と思った。


死んでもいるよ、きっと。


それで泣きながら、母に「もし会えなくなったとしても、ずっと一緒にいるからね」


と電話で語った。



その時に思ったのは、究極の事態になったときに、


・自分は1人ぼっちになってかなり辛くても生きていく



・自分が病気、怪我、死の恐怖に襲われても、一番大事にしたいものは自分と夫の関係だ。


他には何もかえられない。と思った。


まだ子どもがいないので、子どもがいたら、きっと子どもが加わります。


そんな風に腹が据わってきて、他にもいろいろな気付きが合って、


よぉ〜し、大丈夫だ。と言う風に日々が過ぎていっています。


でも、こんな覚悟は人生のうちで滅多にできることはないので、とても貴重な機会だったと思います。


少しして、もし何かあっても、ちゃんと友達と話しておきたいというのが湧いてきて、


仲良しの友達に電話をしました。


つながっていることが本当に嬉しかった。泣きそうになった。



何よりも大事なのは、人とのつながりだなって思った。


今まで、物凄く恵まれた生活をしてきて、人との出会いやチャンスにもめぐまれていた私ですが、全部なくなるかもしれない、という恐怖の前に、


どーっ






人や、生かされていることへのありがたみがわかりました。





次に感じているのは


・大事なのは 空気だ


・次に、水だ


・次に、大地(食糧)だ


です。


普段当たり前のように教授している、空気や水や食糧のありがたさがみにしみました。


もしどんなにものがあっても、豊かに暮らしていても、空気がなければすぐ死ぬし、水が汚染されていたら苦しいし(特に心理的に)、大地が汚染されていたら、一生不安です。



頭でわかるのではなく、実体感として


そうだ....


というのを強く感じることができたのは、本当に宝だったなと思います。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当に大事なもの? 楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる