楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 食養による放射能対策 (3)

<<   作成日時 : 2011/03/19 07:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

こんばんは。宇宙研・こくさいやでお世話になっております。磯貝昌寛です。



福島原発の放射能拡散は相変わらずのようですが、昨日の新聞報道では近県の放射能
数値が軒並み下がっていました。

これには一昨日に吹き荒れた大風が神風となって放射能を吹き飛ばしたのではないか
と、わたしは思っております。

さらにチェルノブイリと大きく違うのは日本が海に囲まれているという点です。

海の浄化力は人知の及ばないものがあります。

今の文明は大地の上にいる人間活動が地球を汚し、海が浄化してくれています。

その海の浄化力以上に地球に汚すようになってしまったのが今の人間活動です。

しかし今回の原発問題でも、海はわたしたちを見捨てることなく、刻々と浄化してく
れています。

そろそろ海の浄化力に甘えることのない文明を作り上げていかなくてはとおもうので
す。

あらたな文明へ向けての提言もこれから少しずつできたらとおもっています。



今回もみなさんからいただいたご質問にお答えいします。



【質問】

被災地に破傷風が流行るといううわさが出ています。対策を教えてください。

【返答】

破傷風菌はどこの土壌にもいる嫌気性の細菌です。

嫌気性というのは酸素を嫌うわけですから陰性ということになります。

(ここで細菌の陰陽を論ずると長くなるので省きます・・・)

酸素を嫌う破傷風菌ですから、からだ中に酸素が行き渡っていれば問題を起こす菌で
はないのです。

被災地で流行するというのは衛生面の悪化ももちろんありますが、それ以上に被災地
ゆえの運動不足とからだの冷えが考えられます。

運動不足により毛細血管への血流不足と冷え、暖房の不備による冷え。

ですから最初に書きましたように手首、足首、首は念入りに防寒しておいた方がいい
です。

それとさらに大事なことはからだ中に酸素を運ぶのは赤血球です。

赤血球を造るのは穀物です。

被災地では特に穀物をしっかり摂ることが大事だとおもいます。

被災地ではどんな食品が主たるものかわたしは知りませんが、それなりの穀物を摂る
ことが重要です。

今、被災地に玄米ポンセンを届けたいと、米生産者とポンセン加工者に交渉中です。

また、破傷風菌に限らずさまざまな菌は、体内では糖分の多い血液に、より繁殖しま
す。

被災地で冷えに襲われるところに、砂糖のものを摂るのは非常に危険です。



【質問】

コーレンと昆布または梅干しの黒焼きの服用について、これはどの段階で服用すれば
いいのでしょうか?

関東に住んでいる私たちでも(放射能の値が低い場合でも)もう飲んだ方がいいので
しょうか?

それとも、もっと多くの放射能を浴びてしまった場合の手当てなのでしょうか?

また、ガチガチの陽性体質のわたしの場合、黒焼きは昆布より梅干しの方がいいです
か?

それと服用は一日に何回とあるのでしょうか?

【返答】

まずは試しに摂ってみたらいいとおもいます。

からだの細胞に合っていれば「おいしい」し、合っていなければ「まずい」はずで
す。

昆布の黒焼きにするか梅干しの黒焼きにするかも、両方試せばどっちがおいしいか分
かります。

コーレンも黒焼きも食品のひとつで、クスリではありませんから副作用はありませ
ん。

からだに合わずに「まずい」が強いようであれば摂る必要はありません。

「おいしく」もなく、「まずい」でもなければ、今はまだ様子をみていていいだろう
とおもいます。

一日の服用は1〜2回で十分だろうとおもいます。

1回にコーレンと黒焼き合わせて小さじ半分ほど(コーレン小さじ1/4+黒焼き1/4)
を100tの葛湯かくず練りに混ぜて摂られたらいいとおもいます。

葛湯(またはくず練り)を火にかける前に一緒に混ぜて、一緒に火にかけて作るのが
より吸収力が高まります。

それでもその他の摂り方でも問題はありません。

今回の事故をきっかけに食養手当品が身近になりますね。

ただ、それほど「おいしく」もないのに今回をきっかけに黒焼きを何か月も何年も摂
るのは止めてください。

たまにそういう人がありますが、困ってしまいます。

口は生体内の善悪判断する最初の関所です。口の感覚を信頼してあげてください。



【質問】

一昨日から昨日にかけてのどの痛みを感じましたが放射能の影響でしょうか?

もしそうだとするとどんな対策が必要でしょうか?

【返答】

花粉症やアレルギー症状の可能性もありますから、全部が全部放射能のせいにされて
も原発さんがかわいそうです。

人間のケチな根性(怠惰と傲慢)が生み出した原発さんですから、原発が悪いのでは
なく人間が悪いんですからね。

のどに違和感があれば梅酢をだいたい10倍ほど薄めたものでうがいをしてみたらいい
です。

うがいも40秒ほどガラガラすると効果大です。

呼吸法にもなります。

薄めた梅酢水がからだに合わなければ、塩番茶(塩分1%ほど)のうがいもいいで
す。

塩番茶も合わなければ結構陽性な人ですからウーロン茶や緑茶、ハーブティーでうが
いしてもいいです。

のどに違和感を訴える人は陰陽両方ありますがカロリー過多で口呼吸をしている可能
性がありますから、よく噛んで食べる量を少しでも減らすといいでしょう。

とはいえ、穀菜食をやっているとからだの異物をとらえるセンサーが強力になります
から、普通の人では感じない放射能も感じますよね。

もしかしたら放射能を感じてのどに違和感があったのかもしれませんね。

それはそれで良いことですから対策さえすれば良いのではないでしょうか。



****************

宇宙法則研究会

事務局長 磯貝昌寛

〒167-0051

東京都杉並区荻窪4-28-12

ピースビル荻窪3F

TEL03-3220-9796

FAX03-3220-9787

HP http://www.uchuken.com

****************



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
放射能対策(食養手当て法)
皆様 ...続きを見る
楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・...
2011/03/20 14:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
食養による放射能対策 (3) 楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる