楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発 判断ミスの連続?

<<   作成日時 : 2011/03/18 14:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3




この2つの記事を読む限り、政府の対応の甘さ、判断を誤ったミス、という状況が浮き上がってきます。


■1つ目

友人からのメールを転載します。
-----
京都新聞の小出さん(京大原子炉)コメント「初歩的なミスで国家的な危機」。
今、メディアに出ている御用学者もそうですが、いかに日本の原子力ムラが
見かけ倒しだったか、私も内部の当事者だったので実感します。

http://bit.ly/eZQFWb
-----

確かに、鎌田さんがおっしゃるように、国民がこれだけ協力し理解を示している中で、政府が詳細情報を開示しない・操作するというのは国民を信用していない証拠かもしれませんね。

それから、このブログへの掲載は控えていますが、ほかの人からもいろいろな情報を得ています。
「御用学者」の存在についてもはじめて知りました。
そうなのか...肩書きに目をくらまされてはいけない、と感じました。



■2つ目

今日の新聞で「追い込まれた政府」という記事があり、こんなことが書いてありました。


楽観的な見方

政府会計者によると、震災翌日の12日、自衛隊と在地米軍は「できることは何でも協力する」と官邸に申し出ていた。ところが、官邸側は「まずは警察と消防で対応する」と、動かなかった。防衛省関係者は「米軍の協力を仰ぐことへの野党の批判を恐れたのか」といぶかる。一方、
首相は12日総長、慎重論を押し切り福島原発の視察を強行、野党時代からこだわる「現場主義」を貫いて見せた。「水も注ぎ足し、格納容器で囲まれているわけだから、メルトダウンのような危機的状況にはならないのでは」。この日の与野党党首会談で示した見方は楽観的だった。

(中略)

政府と東電の統合対策本部は15日になって、自衛隊が原発施設の冷却に当たるよう要請、在日米軍にも協力を求めた。

(中略)

機動隊員が着た防護服にも「高いレベルの放射線にはほとんど意味がないという話もきく。どのくらい被爆するのか」ともらした。

(中略)

「よくやった」首相は17日午後、ヘリからの水投下終了後に官邸を訪れた。。。をねぎらった。防衛省の背広組幹部は「危ないからといってやらないわけにはいかに。でも隊員を特攻隊にしてはいけない」と苦悩の表情を浮かべた。



-------


政府は精一杯対応しているとは思いますが、リーダーには、着実で明晰な判断力が求められます。

今原発で必死に沈下作業をしている作業員や自衛隊、警察官は、ある意味首相や政府がとった決断ミスにより、犠牲を強いられているという見方もできなくはありません。


いろいろな見方があるでしょうから、結論付けをするつもりはないのですが、今感じている疑問などを率直に書きました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
後手を打っている政府は東電まかせでなく先手を打て
チェルノブイリなみの原発破棄(セメント・その他)を !これ以上被曝者・地域を増やすな。
その対策は原発の現場作業員が知っている。
                若松市  安部井
よしふる
2011/03/19 10:52
今は情報過多になりすぎている気がします。
国も政府も人も、初めての体験の中で必死で対策を、ベストな道を模索しています。
善意であっても、批判する記事や各国の放射線への見解など色々載せるより、今は原発作業にあたっている人の無事と感謝、今まで頑張った原子炉に感謝してあげるべきだと思います。
okuoku
2011/03/20 10:01
よしふるさま
持ち出してくださり、ありがとうございます。
コメントを受け取らせていただきました。

okuokuさま
持ち出してくださり、ありがとうございました。
ご意見とご懸念を受け取らせていただきました。

ゆう
2011/03/20 15:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発 判断ミスの連続? 楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる