楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子力情報資料室の映像から情報抜粋

<<   作成日時 : 2011/03/16 05:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3/15 CNIC 外国人記者向けプレスリリース 映像より

今まで政府から報道されていること

第1・3原発 水素爆発
第2原発 炉心ろうゆう事故 15日におおきな放射能の放出があった。
4−6は運転されていなかった。安全に停止されたとアナウンスされた。しかし15日に4号機で水素爆発から火災が発生。

2−3号機の間 30mシーベルト/h
4のそば    100mシーベルト/h
3号機     400mシーベルト/hという高い放射能が観測されている

CNICからのメッセージ

原発設計時に想定されていない範囲であり、きわめて深刻な事態が続いている。

CNICが把握している事実

・第1原発の2号機は核燃料の冷却能力が十分でなく、核燃料が長時間にわたり露出している状態。
・今後さらに多量の放射能が排出される可能性がある。
・1・3号機でも冷却能力が十分でなく2号機と同じ状況になる可能性がある。
・4−6号機は当時は大丈夫といわれていたが、4号機が火災を起こした。この実態は、4−6号機の安全を絶対のものではないことを示している。
・大きな事故トラブル報告はないが、第2原発でも危険性があるのではないかと考えている。
・福島第1原発 6機と第2原発の4機は隣接されており1つの原発の事故がほかの原発に与える影響が大きい。
・今後事態がより深刻なものになる可能性はいなめない。
・この状況からは原発から距離をおくのがもっとも有効な手段です。可能であればできるだけ遠くに離れることがベストです。移動できない方は建物の中に入り、極力外に出ないでください。雨には絶対にあたらないでください。
・原発から何キロまで離れれば安全かという判断は容易ではありません。この判断には放射能レベルなど詳細な情報が必要です。さらに今後何が起こるかということについて適格な予測が必要です。これまでの日本政府・東京電力の情報提供はきわめて不十分であり、市民一人ひとりへの正確かつ迅速な情報を提供すべきと私たちは考えています。

・4号機で8x8mの穴が2つ開いていたとの情報が15日夜に入った。

Q&A (Q 記者、A CNIC 後藤氏)

Q.2つの穴があいていることの意味は?
A.印象としては、巨大な穴があいている。衝撃をうけている。

Q1・3号機については解決済みだということですが、まだ危険ということですがそれについて。
A.今の状況が安全か危険かという表現の問題でセンシティブ。今のパラメーターが安定している状態は安全なんですが、今のプラントは安定はしていない。水が足りなくなると不安定になる。そういう意味では非常に危険である。そういう意味で先に、2号機は1・3号機よりも相対的に安定していると後藤氏はいった。
(女性)4号機で使用済み燃料のプールがあるが、水素爆発がおこり火災が発生したと発表され、それで2つの穴があいた可能性がある。このプールはつねに冷却水をモーターで循環させねばならない。その意味で、安全に停止したといわれる4−6機の中でおこったということは、1−3機に不足した冷却ポンプがほかのすべてから使われたので、プールの冷却が十分でなかったということです。冷却に必要な大量の水とポンプがとられたために、プールの温度が40から80度にあがったという情報が入っている。1−3号機の冷却は進んでいるが、4−6号機の冷却に必要な冷却が少なくなったので、危険な状況にあると考えている。燃料プールには、圧力容器(1炉心分)よりも何倍もの核燃料があるので、そこの冷却が危険だとあらたな事故が発生する可能性があるとみている。

Q再臨界とはどういう意味か?どんな危険な事態になるのか?
A.現在とまった状態では核反応がとまっているが、老雄物としてとけておちたときには制御棒は中性子を救出する性能をもっていないかたちになる。
ですからいったん臨海でなかった状態にあったものが、再度ろうゆう物として落ちると、再度臨海に達する可能性があるということ。それにはろうゆうぶつ to水が関係します。水を入れるので再臨界になる可能性がある。


Q 格納容器の外で再臨界が起こった場合は、ある意味核爆弾と同じような状況になるのか?
A. 再臨界は核爆発とは違う。再度いったんとまったコントロールが再度おこるということ。したがってそれがろうゆうされて冷やそうとしている。

Q.放射能が深刻だということだが、どの時点で脱出あるいは屋内退避する必要があるのか?
A.どこに住んでいるかということも関係する。現在20kmまで全員屋外退去。30kmは屋内退避。不安におののいていると思う。避難する途中で普通はバスに乗って避難所にいくが、個人の自動車で避難した方もいらっしゃる。そして大量の放射能の放出のために、福島の会津若松まで個人として避難してしまった方がいる。そこでほかの人より異常に高い放射能測定がされている。だから現在の30kmまでの屋内退避も適切かどうかはわからない。東京の私たちがどうすればよいか、について、地震後空気中の放射線量を計測している。昨日ぐらいまでは0.06−0.1mシーベルト/hが観測された。15日の測定では数値の若干の変動はあるが、大幅に東京が放射能に汚染されているとは私たちの測定器では確認されていない。しかしたとえば、埼玉、東京都、神奈川などでの微量のヨウ素、セシウムが測定されたということも報道されている。
だからたくさん放射能はだしているので、拡散はあると思うが東京圏において著しく非難が必要だと、15日夜の時点では考えてはいない。ただ、原子炉の事故の進展状況によってはこの見解はかわりうる可能性はある。

Q.数字がある程度幅があったということだが、どういう数字を測定したのか?
A.8:30−30分後と

新宿 3/15(火)
0.06−0.1mシーベルト 8:30計測
0.09−0.13 9:00
0.17−0.21 10・30
0.10−0.11 11:00
0.07−0.09 11・30

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子力情報資料室の映像から情報抜粋 楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる