楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島への救援物資配達状況の報告と協力依頼

<<   作成日時 : 2011/03/29 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マクロビオティックを実践する友人より、福島の被災地域に玄米や食養物資を届けられた報告がきています。

http://kchiaki.exblog.jp/15723210/
http://now110311.seesaa.net/


ご協力と温かい気持ちをお送りくださった皆様、本当にありがとうございます。

こちらから現地の様子をご覧いただきます。

また引き続き、今後も支援を続けていくという事でこのような持ちかけがあがっています。
何か協力できる方や、提案がある方、コメントをお寄せ下さい。

--------友人より---------

皆様、この度は急な呼びかけにも関わらず、沢山の救援物資を送って下さりありがとうございました。
26日までとご連絡させて頂き、その日までに届いた荷物は玄米、味噌、醤油、自然塩、玄米ぽんせん、梅干、海苔等の海藻、若布ふりかけ、ガスボンベ等など数十箱となりました。
この他近くの自然農をしている友人が玄米4俵(240キロ)をお仲間で集めてくれました。

私が被災地へ持って行くことはできない為、どなたかこれらの物資を理解し、有効に活用してくださる方に被災地まで持って行って頂きたいと思っておりましたら、松本塾でご一緒だった世田谷のマクロビオティックの先生達が被災地入りされるということで、玄米も炊いて持って行ってくださるということでお願いできました。

そして先ほど、いわきから帰宅されたその方からお電話を頂きました。
炊いた玄米を大きな保温ジャーに入れて持っていかれたそうです。
電子レンジもなく、レトルトの冷たいご飯しか食べていなかった被災地の方達は温かい玄米ご飯をとても喜んで美味しそうに食べてくださったそうです。

やはり長期的な活動になるということで、今後も続けて行かれるそうです。
4俵の玄米は早速昨日世田谷に送ってもらうようにお願いしました。
もし今後も味噌や梅干、海藻、塩等送って頂ける方は是非お願い致します。
また、もし一緒に被災地入りし、被災者の皆さんへお食事を提供できる方がいらっしゃいましたら是非ご連絡下さい。よろしくお願い致します。
私もできる範囲で継続的に支援させて頂くつもりです。

よかったらこちらに現地での活動の様子や皆さんからの物資の事等について書いて下さっています。
http://kchiaki.exblog.jp/15723210/
http://now110311.seesaa.net/

また、先週末には近所のやはりマクロビオティックに理解のある友人がお仲間数人と被災地入りするということで、皆さんから送って頂いた玄米を夫と二人で炊いておにぎりや炒り玄米にして、その友人に託しました。
現地では元からいたスタッフの方達も玄米おにぎりを美味しい!と言ってとても喜んで食べてくださったそうです。

30日もうちで集まって皆で玄米を炊いておにぎりを作ってその友人がいるいわきへ送る予定です。

また、仙台で被災された東京の時の生徒さんにやっと昨日玄米やガスボンベ等を送れました。
先週は仙台への配達は断られていたのですがやっと昨日再開されました。
この方はご自分の被害は小さかったからと、ご自分のところも大変でしょうが玄米を炊いて周りの方々に配って下さっています。

皆様本当に貴重な物資をありがとうございました。
皆様のご好意を決して無駄にしないようにこのように色々な方に被災者の方々のところへ運んで頂きました。
皆さんのお蔭でこれをきっかけに玄米も広がるかもしれませんね。

阪神大震災の時は今よりもっと無力で何もできませんでしたが、今回は放射能に対してマクロビオティックを通して出逢った仲間達等と少しでも何かできたことに本当に感謝です。

磯貝さん、KIJの先生方(久司先生、宙八先生、パトリシオ先生、大場先生)からのメッセージについてBLOG(http://blogs.yahoo.co.jp/tmrl3722)やMIXIの日記やコミュニティ(LaCocinaDeMinaka)にも載せております。
よかったらとても参考になりますのでご覧になって下さいね。
マクロビオティックを知っていることの強さと、一人でも多くの方にやはり伝えていかねばと思います。
今水や野菜の問題も出てきていますが、何より玄米の放射能の排泄力の凄さが改めて分かります。

---

原発作業の方の生活は食事も含めひどいものです。この前作業をされている方の奥様という方からお電話頂き、朝は果物の缶詰めだけと聞き絶句でした。でも汚染されるから梅干しとかの差し入れや持ち込みは一切禁止されているようで、一つ一つ密封されたものでないとダメだそうです。また自衛隊と東電の食事は完全に分かれているそうです。
今年うちでKIJXを受講してくれている子が、出産前まであのマクロに熱心な議員の秘書をしていた関係で、東電の作業員に物資を送れないか聞いてくれています。物が送れなくてもせめて放射能対策の食事を伝えたらと思っています。


今後の物資は直接いまココさんに送って下さって大丈夫だそうです。玄米は今は沢山あると思うので梅干しや海苔や玄米ぽんせんなんかがいいのかなと思いました。また今週木曜日に行くかもしれないということで私もわかめふりかけをとりあえず百個手配したけど間に合うか分からない。でも継続的に今後も行かれるそうで、一緒に行ける人も募集していました。



http://cocina-minaka.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島への救援物資配達状況の報告と協力依頼 楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる