楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法9条と正木高志さん

<<   作成日時 : 2008/06/24 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

先日、正木高志さんという方のトークライブへ行ってきました。

自分で作詞作曲しながら、ジャンべをひいて優しい歌を歌う方です。

歌いながら、今の日本や世界で起きていることをお話してくださいます。

そしてその中で、一番衝撃的だった話が...

・日本政府には憲法9条を改正して、軍隊を持とうという強い動きがあるということ

・昨年、「国民投票法案」というのが決まり、憲法9条を守るか守らないかを国民投票で決めるという法案が通ったこと。

・この法案を通し、9条を改正して軍隊を持つために、北朝鮮の拉致疑惑などを盛んに煽りたて、わざと瀬戸際まで追い詰めるようにして、日本国内には軍隊が必要だという世論を高めようとしていたこと

→特に小泉さんや安部さんがすすめようとしていた。
→日本はかつて何百人も北朝鮮から連行・拉致してきたというのに、たった数人のことで..と北朝鮮は猛反発をしていた背景がある。


ということです。このこと、ご存知でしたか?


北朝鮮問題で怖いのは、拉致なのか?核兵器が日本の原発などに向けて発射されるのことなのか?

そのためにはどういう解決策が、地球全体にとって一番良いだろうか...?

ちょっと感じてみてください。



日本が非戦国であるという憲法第9条は絶対ではないのです。

そして、軍隊を持とうと動いている方々の多くは団塊世代以上で、今後決して戦争には行くことのないかたがたです。戦争にいって悲惨な目にあうのは、私たち30代以下の世代でしょう。


ここで、3〜4年後に、この国民投票をする際に、30代以下の普段選挙にいかない人たちも真剣に勉強して、しっかりと9条を守る方向で投票しなければなりません。よね?


日本が率先して「非戦」を自主選択すれば、アジアに平和が生まれます。韓国・中国などの若者もきっとその方向に向かってくれると思うというのが高木さんのビジョンです。

私も、高木さんのビジョンが確実な現実となるよう、祈りたいし、動きたいと思います。

http://ameblo.jp/smile-moonset/entry-10105593349.html


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
憲法9条をの護るのはいいと思うのですが、

>日本はかつて何百人も北朝鮮から連行・拉致してきたというのに、たった数人のことで..と北朝鮮は猛反発をしていた背景がある。

拉致被害者の家族方にそういえますか?万が一言えるような人間として、自分の家族が拉致されてもそんなことがいえるのでしょうか?

>日本が率先して「非戦」を自主選択すれば、アジアに平和が生まれます。韓国・中国などの若者もきっとその方向に向かってくれると思う

ありえません。そもそも自分がこうしたら、相手もこうしてくれるなんて、期待するなんて間違っているでしょ。9条を護るためなら、何かが犠牲になるかもしれない、くらいに考えておかないといけないでしょう。
りりか
2008/06/24 23:42
はじめまして。コメントありがとうございます。

りりかさんのようなご意見もあるのでしょうね。

この件を考える上で、みなさんの参考になると思います。

このことは、自分の心によく聞きながら、冷静に考えていきましょうね。

ゆう
2008/06/25 07:50
ゆうさん、こんにちは。
先日は正木さんのトークにご来場頂き、
ありがとうございます。
9条を取り巻く環境は、一部の産業界と政治家によって危険な方向に進めようという動きがあるのは間違いありません。特に安部さんは確信犯でした。
9条を政治だけで論じるとイデオロギーになります。環境・海・山・緑など、「緑と土の9条」「楽しく生きるための9条」という風に捉えたらいいと思うのです。
マチャルです その1
2008/06/28 14:10
環境を守ろうとする社会や国は平和で社会福祉(教育・医療・福祉)が健康的で住みやすい社会。例えばコスタリカ、北欧、ニュージーランドなど。
それから軍隊を持たない国は30カ国以上あります。それらの国は攻められていません。
軍隊があるから攻撃される可能性が高まるのが歴史上の事実です。
第二次世界大戦では、2億人の死者のうち、
自国の軍に殺された人は1億3500万人。
軍隊は他国から守ってくれるものでなく、
自国の軍に殺されるほうが可能性が高い。
沖縄戦も、玉砕という戦命も、特攻隊も、反戦家の検挙も、戦艦大和も・・・・そうですね。
マチャルです その2
2008/06/28 14:12
9条に関して色んな考えの方が居てもいいと思います。でもマスコミというものは産業と政治に弱いですから「憲法改正」はニュースや新聞で大きく伝えられても、日本全国に2000以上の9条を応援する会があることはあまり伝えません。世界の国々や市民が9条を尊敬してることも伝えません。
日本が民主主義の国であるなら、半分以上の人が9条を応援してくれればいいのです。残りの半分の人の違う意見は尊重していればいいですし、色んな人が入れてこそ民主主義。少しづつ真実を伝えてゆきましょう。
マチャルです その3
2008/06/28 14:12
マチャルさん、コメントありがとうございます。流石、博学ですね!世の中に出回らない貴重な情報など、色々教えていただきたいことが満載です。これからもよろしくお願いします。マチャルさんのブログ、楽しみにみせていただきますね。
ゆう
2008/06/28 19:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法9条と正木高志さん 楽しいマクロビオティック生活(玄米菜食・レシピ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる